· 

ウクライナ・ロシア情勢において、地域の中小企業の7割強が、 「仕入価格の高騰」の影響を受けている

岡山県中小企業団体中央会様との共同研究として,「アフターコロナを見据えた事業計画・取組状況調査2022年」を実施しました。調査結果を『アフターコロナを見据えた事業計画・取組状況調査報告書』としてまとめましたのでお知らせいたします。

 

【調査結果の要約】

  • 地域の中小企業の現時点の業績においては、昨年同時期に比べると今年は改善している
  • ウクライナ・ロシア情勢の影響についてもっとも影響を受けているのは、「仕入価格の高騰」(73.0%)
  • 物価高騰への対応の方が円安への対応よりも進んでいる
  • アフターコロナに向けて重視する企業活動は、既存商品やサービスの品質を高めながら、新規市場を開拓していく戦略
  • 仕入価格の高騰を、販売価格に反映できているのは、 4割強

 

【調査概要】

  • 調査期間
    2022年7月1日(金)~2022年7月29 日(金)
  • 調査方法
    質問紙調査(郵送配布,郵送回収)
  • 調査対象
    岡山県下中小企業 1,000社
    有効サンプル 247社(有効回答率 24.7%)
  • 調査機関
    岡山県中小企業団体中央会
    協同組合岡山情報文化研究所
ダウンロード
岡山県中央会様コロナ禍ウクライナ情勢調査2022年報告書原稿 第1稿 20220906
収録されている調査内容
アフターコロナを見据えた事業計画・取組状況調査報告書2022年
20220908.pdf
PDFファイル 1.1 MB